【ハエーイ! ツエーイ!】 DXフルフルラビットタンクボトル レビュー 【仮面ライダービルド】

仮面ライダー

【ハエーイ! ツエーイ!】 DXフルフルラビットタンクボトル レビュー 【仮面ライダービルド】

今回は仮面ライダービルドの強化アイテムであるDXフルフルラビットタンクボトルのレビューです。

ラビットラビットフォーム&タンクタンクフォームに変身!

フルフルラビットタンクボトル

ビルドの強化フォームであるラビットラビットフォームとタンクタンクフォームに変身するアイテム。

またハザードトリガーの制御装置も兼ねており、暴走することなく自我を保ったままオーバーフローモードと同じ力で戦うことができるようになっています。

スティックのような形状のボトルになっていて変身する際には折り曲げてからビルドドライバーにセットして使用します。

金色のボトル側はラビット、タンク、ニュートラルの3種類の絵柄があり、キャップを回転させることで任意で切り替えることができます。

この部分は連動するギミックは無いので飾りみたいな感じですかね。

ラビットラビットはボトルを振るとLEDが赤く発光し、「ピョンピョン」と兎が跳ねるような可愛らしい音が鳴ります。

ボトルを5回振ると「ラビット!」の音声の後に待機音が鳴り始めるので、その状態で折り曲げてビルドドライバーに差すことでラビットラビットの変身遊びを楽しむことができます。



本体裏の中央のボタンを押しながら左右に引っ張るとロックが外れるので、そのまま折り曲げます。

タンクタンクはラビットラビットの後に音声が鳴るのであらかじめボトルを5回振っておく必要があります。

ボトルを振るとLEDが青く発光し、「ドォンドォン」と戦車の砲撃のような音が。


ラビット同様に5回振ったところで「タンク!」の音声の後に待機音が鳴るので、その状態で折り曲げてビルドドライバーに差すことでタンクタンクの変身遊びを楽しむことができます。

ちなみに、折った状態から元の状態に戻した際にはLEDがニュートラルを示す緑色に発光します。

スポンサーリンク

仮面ライダービルド ラビットラビットフォームに変身!

ハザードトリガーを起動し、ビルドドライバーにセット。

マックスハザードオン!

その後、フルフルラビットタンクボトルを取り出します。

ピョンピョン!」×4

ラビット!

待機音が鳴り始めるので折り曲げます。

ラビット&ラビット!

フルフルラビットタンクボトルをビルドドライバーに装填!

ビルドアップ!

ドンテンカン!ドンテンカン!…

ガタガタゴットン!ズッタンズダン」×2

Are you ready?

オーバーフロー!

紅のスピーディージャンパー!

ラビットラビット!

「ヤベーイ!ハエーイ!

これで変身完了。

さらにレバーを回転させて必殺技を発動。

ガタガタゴットン!ズッタンズダン」×2

Ready go!

ハザードフィニッシュ!

ラビットラビットフィニッシュ!

仮面ライダービルド タンクタンクフォームに変身!

ハザードトリガーは省略。

ドォンドォン!」×4

タンク!

待機音が鳴るので折り曲げます。

タンク&タンク!

ビルドドライバーに装填。

ビルドアップ!

ドンテンカン!ドンテンカン!…

ガタガタゴットン!ズッタンズダン」×2

Are you ready?

オーバーフロー!

鋼鉄のブルーウォーリアー!

タンクタンク!

「ヤベーイ!ツエーイ!

これで変身完了。

レバーを回し必殺技を発動。

ガタガタゴットン!ズッタンズダン」×2

Ready go!

ハザードフィニッシュ!

タンクタンクフィニッシュ!

まとめ

フルボトルを折り曲げて変身するというギミックが最高!

ビルドはね、強化フォームのたびにアイテムのデザインがガラッと変わるから遊んでて全然飽きが来ないんですよね。

特に今回のフルフルラビットタンクボトルは1本でラビットラビットとタンクタンクフォームの2フォームの変身遊びが楽しめるのでプレイバリューが高く長く遊べる。

ただ、少し欠点も目立つ部分もあります。

まず一番アレなのはセンサーかなり敏感。

敏感すぎてひどいときは軽く持っただけで反応するので非常にうるさい。

一応、変形状態だと反応しなくなるので保管の際は折り曲げるようにと説明書にも書いてありますけど、電源ボタンくらい付けてくれてもよかったんじゃないかなぁ。

あとはタンクタンクの切り替えが地味にめんどくさい。

必ずラビットラビット経由するので変身遊びをするためにはボトルを10回振らなきゃいけないという。

慣れればこんなものかなって感じはするけど、まあやっぱりスマートには遊べないよね。

デザイン、ギミック、音声どれも高水準で素晴らしいけど痒いところに手が届かないというか、ちょっとしたことで遊びにくさを感じるのが残念に感じます。

今のままでも満足感はあるけど、欠点さえなければそれ以上に最っ高に完璧なおもちゃでしたね。

スポンサーリンク

コメント