スポンサーリンク

【Everybody ジャンプ!】 DXメタルクラスタホッパープログライズキー レビュー 【仮面ライダーゼロワン】

仮面ライダー

DXメタルクラスタホッパープログライズキー レビュー 【仮面ライダーゼロワン】


今回は仮面ライダーゼロワンの変身アイテムDXメタルクラスタホッパープログライズキーのレビューです。

パッケージ

パッケージ表。

パッケージの横幅がかなり長い。

サイズはちょうど通常のプログライズキーのパッケージ2個分。

想像してたよりだいぶデカかったですね。

パッケージ裏はいつも通り遊び方の説明。

サイドには仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパー。

メタルクラスタホッパーはマジでカッコいいっすよねぇ。

こんなヒロイックなシルバーカラーしときながら、あの殺意マシマシな感じがたまらんです。

DXメタルクラスタホッパープログライズキー

メタルクラスタホッパープログライズキー本体。

プログライズキーの大型化が止まらないなぁ。

強化フォームのたびにゴツくなってますよ。

最終フォームは一体どんな感じになるのか…。

シャイニングホッパーはプログライズキーを展開することでバッタのデザインが現れるギミックになってましたが、今回は初めからバッタです。

キーの展開。

…長いなぁ。

アサルトと長さを比較。

メタルクラスタは通常状態でアサルトの展開状態以上のサイズなんすねぇ。

そりゃデカく感じるわけだ。

ライズモニターにはバッタの骨格。

デザインはライジングホッパーの物をアップにして色を変えたような感じ。

ただ、触覚のデザインが変更されてますね。

ライジングホッパーはまっすぐ伸びてますがメタルクラスタは途中で折れ曲がってる。

違いはたぶんそれぐらいですかね。

今回は発光ギミックを搭載。

シャイニングホッパーは光らなかったのでこれは嬉しい。

やっぱ発光は大事よ。

有るのと無いのじゃカッコよさがダンチですからね。

キーパーツ部分。

シンボルはメタルクラスタホッパー。

銀メッキがギラギラでメタル感が出てていい感じです。

今回の目玉である折り曲げギミック。

曲げるとだいぶコンパクト。

まあ、流石にあの長さでベルトに刺さってたらシュールすぎますからね。

折り曲げた際のデザインは、メタルクラスタホッパーの名の通りメタルホッパーの群れになってます。

それにしてもみんな悪い顔してるなぁ。

単品遊び


いつも通りボタンを押しましょう。

今回の収録音声は3つ。

音声1は「Everybody ジャンプ!」。

Everybodyはあのメタルバッタのことでしょうね。

バッタが一斉にジャンプしてる光景はあまり想像したくないな・・・。

音声2は「飛電メタルズアビリティ」。

飛電メタルって何?って思ったけど公式サイトのメタルクラスタホッパーの紹介に説明が載ってましたね。

かつて飛電インテリジェンスが構想していた理論上の新素材みたいですが完成しちゃってるんですけど…。

飛電メタルの性能に関しては結構小難しい感じで記載されてますが、簡単に説明するとマジやべえ金属みたいです。

音声3は「メタルホッパーズアビリティ」。

仮面ライダーゼロワン メタルクラスタホッパーに変身!

まずはプログライズキーを起動。

Everybody ジャンプ!

プログライズキーをスキャン。

オーソライズ!

待機音が鳴るのでプログライズキーを展開し、ゼロワンドライバーへ挿入。

プログライズ!

Let’s Rise!

Le! Le! Let’s Rise!

変身待機音が鳴り始めます。

いつもはここで変身できるんですけど今回は焦らしますねぇ。

プログライズキーを折り曲げ変身!

メタルライズ!

Secret material 飛電メタル!

メタルクラスタホッパー!

It’s High Quality.

これで変身完了。

必殺技はプログライズキーを押し込んで発動。

メタルライジングインパクト!

まとめ

とにかくデザインが最高かな。

プログライズキー全体でバッタになってるのはインパクトが強すぎる。

キー自体が大きめということもあり間違いなく子供受けはいいでしょうね。

キーの折り曲げギミックも、今までの変身に新たなプロセスを加えることでまた違った楽しみ方ができました。

総合的に見ても素晴らしい点ばかりで特に欠点も見当たらないので間違いなく買いなアイテムかな。

コメント