スポンサーリンク

仮面ライダー バルカン シューティングウルフ レビュー 【装動AI 01】

仮面ライダー

装動AI 01より仮面ライダーバルカン シューティングウルフのレビューです。

前回までの分のレビューはこちら。

仮面ライダーゼロワン ライジングホッパー 【装動AI 01】 レビュー

仮面ライダーゼロワン フライングファルコン 【装動AI 01】 レビュー

仮面ライダーゼロワン バイティングシャーク 【装動AI 01】 レビュー

仮面ライダーバルカン シューティングウルフ

・パッケージ

パッケージはこんな感じ。


シューティングウルフの素立ち。

ボディカラーの多数を占める青と白はほとんどがプラスチックの成形色なので、綺麗な色合い。

特に青はメタリックな感じが出ていていい感じ。

フェイス部分はほとんど塗装で両端のたてがみ?の部分はシールになってます。

ガンメタ部分や胸の赤いラインの塗装は綺麗ですが、右肩の赤塗装が若干塗りムラがありますね。

エイムズショットライザーの造形がかなり細かく再現度が高いです。

今回エイムズショットライザーのパーツが二つ付いていて、右側は持たせて遊ぶ用で左はベルト取付用。

持たせるタイプは実用性重視なのか簡素な作りになってます。

ポージング


紹介を忘れてましたが、エイムズショットライザーを取り外したバックルパーツもちゃんと付属しています。

せっかく銃を持っているので射撃ポーズを。

同シリーズのバイティングシャークに付属しているアタッシュカリバーを使えば7話のシーンを再現できます。

バレット!

シューティングブラスト!

ちょっと躍動感が欠けてますけど必殺技のポーズも再現できます。

まとめ

エイムズショットライザー2パターンやバックル部分といった付属パーツが豊富。

痒い所に手が届くといった感じで個人的には満足かな。

バルカンはメイン武器が銃なので、ゼロワンとはまた違ったポージングを楽しめるのがいいですね。

クオリティは相変わらず高く、シューティングウルフの魅力が最大限に引き出されています。

今回のバルカンで装動AI 01すべてを開封し終えたので、最後に集合写真を。

コメント