スポンサーリンク

ジオウ オーズアーマー 装動RIDE4

フィギュア

今回は仮面ライダージオウ 装動RIDE4 オーズアーマーのレビューです。

パッケージ

大幅に値下げされていたのでセットで購入しました。

チマチマ揃えずに済むので、こういったセット販売は有難いです。

オーズアーマーはパーツが多いせいか、AとBの二つのセットに分けて販売されてます。

ジオウのノーマルアクションボディセット。

今回のオーズアーマーで遊ぶためのボディパーツです。

装動 RIDE4 1.オーズアーマーAセット

内容はこんな感じ。

タカとバッタのアーマーパーツ、ジクウドライバーの差し替えパーツが収録されています。

アーマーパーツはアニマルモードにすることもできます。


タカのアニマルモード。

パーツが二つだけなのでトラやバッタに比べてシンプルな作り。


バッタのアニマルモード。

細かな違いはあるものの、劇中のデザインそのままに再現されています。

足部分は動かすことができます。

装動 RIDE4 2.オーズアーマーBセット

Bセットはトラアーマーとディスプレイ用の台座が収録されています。


トラのアニマルモード。

こちらもかなり再現度が高いですね。

3つのアニマルモードの中では、一番生物感があって好きです。

装動 RIDE4 3.ジオウ ノーマルアクションボディセット

アーマーを装着するためのボディセット。

特にこれといった塗装もなく真っ黒なデザイン。

胸部にはアーマーを取り付けるための穴が開いています。

仮面ライダー ジオウ オーズアーマー

アーマーをボディパーツに装着した姿。

ジオウのフェイスとオーラングサークルはシールで再現。
発色もよくなかなか綺麗な仕上がり。

こう改めてみると、普通のタトバというよりスーパータトバを思わせるカラーリング。

上半身のアーマーに比べるとスマートな感じ。

・ポージング遊び

関節などの可動域が広いので色んなポーズをガシガシ決められます。

また、台座も付属しているので

こんなポーズや

タトバキックのポーズも決めることができます。

アーマーを使わない場合でも、このようにアニマルとして飾ることができるのもいいですね

感想

クオリティの高さにびっくりです。

こういった食玩を購入したのは子どものとき以来ですが、ここまで進化しているとは。

いろんなポーズを取らせて遊ぶことができるし、本当に楽しすぎる。

フィギュアとして遊ぶにはセットを複数購入しなければいけませんが、このクオリティを維持することを考えるとそれはしょうがないことかなと納得してしまいますね。

もっと早く買っておけばよかったなぁ…。

装動 仮面ライダージオウ RIDE4セット 食玩・ガム (仮面ライダージオウ)

コメント