【ランブーVol.23】 デッドフェニックス.3.HZ レビュー

ベイブレード

デッドフェニックス.3.HZ

ぱふぇ と あんぱふぇ。

[ad]

レイヤー:デッドフェニックス

衝撃を受けることでアーマーをパージするディフェンスタイプのレイヤー。

アーマーはメタルをふんだんに搭載していますが、その代わり本体にはメタルは一切搭載されていないのでパージギミックは強力な攻撃の一手となるとともにベイを極端に軽量化させてしまうという諸刃の剣。

ただ、同じギミックを持つリヴァイブフェニックスの本体と組み合わせることでメタルマシマシで欠点が消えるパーフェクトフェニックスになるので、デッドフェニックスをそのまま使うことは少ないんじゃないでしょうか。

今回はリヴァイブのオリカラそっくりのカラーリングのため、パーフェクト&アンパーフェクトがかなり統一感がある見た目に。

こいつはもうこれだけで当たりと呼べるレベルですね。

ディスク:3

ディスクは内重心で外側の肉抜きにより軽量化された3ディスク。

カスタマイズのドライバーが背が高いHZなので、デッドアーマーの外重心で回転を上げつつ内重心のディスクでバランスをとるって感じですかね。

ドライバー:HZ(ハイゼファー)

HZはハイドライバーの中では当たりというか、かなり使い易い部類。

クセの無い軸に太めの径、かつ中空になっていることで摩擦も少ないので挙動が安定してる。

あとは、なんかよく分かんないんですけどやたらと姿勢を立て直しやすいんですよね。

割と優秀な性能なんですけど、ダッシュ化してないのが惜しかったかな。

タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥1,520 (2021/07/27 03:54:05時点 | Amazon調べ)

まとめ

HZの高さを活かしてディスクで殴ったりするのが基本的な戦法かと。

ドライバーがハイなのでバランスを崩しやすいですが、コイツは傾いてからが真骨頂。

体勢を崩しても立て直しやすいHZと内重心の3ディスクの組み合わせで絶妙な下からの角度で相手を抉り、お前も道連れだといわんばかりに相手も傾けるけど、自分はしれっと復帰して追い打ちをかけたりする。

なんなんだコイツ…。

さらにはアーマーを飛ばして攻撃をしたりなんかするので戦い方が非常にいやらしい。

パッと見は強くないけど甘く見てると足元をすくわれる、そんなカスタマイズ。

スポンサーリンク
ベイブレード
鷹の羽休めをフォローする
鷹の羽休め

コメント