【セイバー】 DXブレーメンのロックバンドワンダーライドブック レビュー

仮面ライダー

DXブレーメンのロックバンドワンダーライドブック

アニマルカルテット。

スポンサーリンク

DXブレーメンのロックバンドワンダーライドブック

元ネタはグリム童話のブレーメンの音楽隊。

表紙は4匹の動物が荒ぶりながらロックを奏でているイラスト。

ボタンを押すと、「ブレーメンのロックバンド」のタイトルとこれはギターかな?

「とある戦いを強いられた動物たちが奏でる勝利の四重奏」

ストーリページは担当楽器にそれぞれの動物の頭が合体したイラストがデザインされてます。
なんか馬頭琴っぽい。

BGMは激しめのギターが最高にロックだね。

変身ページは物語属性なので腕のみ。

ストーリページに登場したアニマル楽器が装着されてます。

ブレーメンのロックバンドワンダーライドブックで変身

変身音は「ワンダーライダー」。
他の剣士のライドブック同様の共通変身音。

音銃剣錫音を持っていれば、大秦寺さんのように2冊のワンダーライドブック使い分ける変身遊びが可能に。

本編では大秦寺さんがこのフォームに変身するとテンションがハイになって好戦的な感じになりますが、仲間の状態異常を解いたりと地味にヒーラーのような能力を持ってるのがおもしろいですよね。

まとめ

音銃剣錫音と組み合わせれば仮面ライダースラッシュのなりきり遊びがより楽しくなる。

ソードライバーでの変身音はワンダーライダーなので音声を聴くなら他のライドブックでも代用がきくので、錫音専用感が強い。

というのが買った当時の感想。

しかし、火炎剣烈火サウンドアップデートエディションを持っていると評価が変わる。

第11章でセイバーが使用し、ドラゴンブレーメンに変身したことでボイスが追加され、剣必殺技発動時に「火炎旋律斬!」と飛羽真が必殺技名を叫んでくれちゃうので火炎剣烈火SUDを遊び尽くすならば必須のアイテムに。

当初想定していたよりも遊べる楽しさが増えて、個人的には満足感のあるワンダーライドブックですね。

コメント