スポンサーリンク

【初のリバーシブルレイヤー!】マスターディアボロス.Gn レビュー 【ベイブレードバースト】

ベイブレード

マスターディアボロス.Gn レビュー


今回はベイブレードバースト マスターディアボロス.Gnのレビューです。

あのディアボロスがリバーシブルレイヤーという興味深いギミックをひっさげ登場。

レイヤー:マスターディアボロス

レイヤーをひっくり返すことで回転方向を切り替えることができるリバーシブルレイヤー。

しかも回転方向だけでなく、性能まで変化するスグレモノ!!

ガチンコチップ:ディアボロス

両回転対応でスプリガンに続き全てのベースに取付けることができるガチンコチップ。

デザインはインパクトがあった前のほうが好みかな。

こっちはこっちでカッコいいんですけど、窮屈っていうかこぢんまりとした感じがするんですよね。

ロックは5つで硬さはふつうですが、山が互い違いになっているので一気にバーストまで持っていかれることはないかな。

ベース:マスター


まずは右回転。

ブ厚いアッパー刃&外側のメタルで相手に強力な一撃を与えしっかりバースト。

ゴリゴリのアタックタイプで爽快感のあるバトルを楽しめます。

形状がベノムベースの面影があるのも進化してる感じがあっていい。

続いて左回転。

こちらはダウンフォースぎみになっているので、スタジアムにしっかりと吸い付き安定したバトルが可能。

また、今回のカスタマイズのGnドライバーを履いた場合は右回転以上のスピードがでるので、必殺級の重量感のある打撃を繰り出せる。

使用感はなんとなくノックアウトベースに近い感じがしますね。


スポンサーリンク

ドライバー:Gn(ジェネレート)

遠心力による変形機構を搭載し、前半は暴れまわるが後半になると軸先が飛び出しスタジアム中央に留まる攻守のバランスが取れたドライバー。

ディスク一体型ということもあってかなり大型。

重量があり、どっしりと安定しているのでそうそう当たり負けることはないです。

モードチェンジも優秀で前半の猛攻で仕留められなくても後半の持久勝負で絶対に倒してやるという勝利への執念を感じる。

アタックモード時はロックが硬くなるらしく、確かに激しくぶつかっている割には全然バーストしない。

あとはこのウエイト部分。

外側に突き出ているおかげか攻撃に一役買ってくれています。

メタルの形状がいびつになっていて引っ掛かりが生まれているからか、相手のベイとウエイト部分がぶつかったときにあっさりバースト勝ちすることが何度かありました。

このGnドライバー思ってる以上にポテンシャルが高いかもしれないですね。

細かな違いはあるけど、ギミックや挙動がまんまこれだから最高に気に入った。

ドライガーFのレイヤーと組み合わせたいけど、ドライバーがデカすぎてバランスがクソ悪くなるのが悩みどころ。

当時は限定カラーでクリアレッドのドライガーFがあったので、同じような色のものがバーストでも出てくれればビジュアルは結構いい感じになるんじゃないかと思うんですけどね。

ロングベイランチャーLR

付属のロングベイランチャーLR。

今回はディアボロスにぴったりなブラックカラーで紐も黒くなってます。

引き心地は超Zアキレスに付属していたものとあまり変わらないような気がします。

ただ、紐の長さが違うんですよねぇ。

個体差なのかな?

あとは何故か今回は模様の部分が塗装ではなくシールに。

まあ、模様なんかいらねぇよって人もいるだろうしありっちゃありかな。

まとめ

ディアボロスの進化ということで、バレットドライバー以上のド派手なおもしろギミックを期待していた人には少し物足りなさを感じるかもしれない。

ただ奇抜なギミックが無い分、堅実なバトルができるようになっています。

リバーシブルレイヤーによる切り替えと攻守を兼ね備えたGnドライバーでどんな相手でも戦っていけるという頼もしさがある。

しかも今回はロングベイランチャーLRが付属しているので、マスターディアボロスの性能を余すことなく引き出してくれます。

カッコよくて強い、しかも必須級のアイテムであるロングベイランチャーLRまで付属しているのでプレイバリューの高さがハンパじゃない。

めちゃくちゃ優秀&お買い得なのでこれから始める人、既に始めている人どちらにとってもマストバイなベイですね。

ベイブレード
鷹の羽休めをフォローする
スポンサーリンク
鷹の羽休め

コメント