スポンサーリンク

B-154 インペリアルドラゴン.Ig’ レビュー 【ベイブレードバースト】

ベイブレード

今回はインペリアルドラゴン.Ig’のレビューです。

ベイブレードバーストGTの主人公、ドラムの使用するドラゴンが新たな力を得てパワーアップ!

スポンサーリンク

インペリアルドラゴン

エースドラゴンのデザインを踏襲し、パワーアップ感が溢れるデザインに。

ヒロイックっぽいカラーリングがカッコよさを引き立ててます。

ガチンコチップ:ドラゴン

硬いロックを3つもった伝説の幻獣ドラゴンも致富のガチンコチップ。

名前はドラゴンそのままですがデザイン、ロックの数、硬さが変化しています。

元のドラゴンよりロックは一つ減りましたが、かなり硬めになっているのでより頼もしい感じに。

どちらもドラゴンですが、アルファベットは変わってます。

これは同じ名前でも別パーツ扱いということでいいんですかね?

ベース:インペリアル

バトルを繰り返すことで進化するウエイト一体型のアタックタイプのベース。

ついに出ましたね、覚醒型レイヤー。

覚醒は2段階あって、通常時の「ノーマルフォーム」→ バウンド刃が覚醒し、ラバー刃が顔を出す1段階目の「バウンドフォーム」→ バウンド刃が完全に固定され、鋭いラバー刃がむき出しになり完全覚醒した「アルティメットフォーム」の順に変化します。

一応説明書には書いてありますが、一度覚醒すると覚醒前には戻すことはできないみたいですね。

横から見たときの威圧感がすごい。

ドライバー:Ig'(イグニッションダッシュ)


シュートパワーに応じて内蔵のモーターが起動して、スタジアムを暴れまわるアタックタイプのドライバー。

Hyドライバーに続く2つ目の電動ドライバーで、しかも今回は初めからダッシュ化しての登場です。

形状はHyドライバーとほぼ同じですが、Hyのほうが丸い軸先に対し今回のIg’はフラットになっています。

外周のメタルパーツはちゃんと別デザインになってますね。

シュートパワーでモーターの動きが変わるなど、基本的にはHyドライバーと同じ。

最大の違いは、バトル中に回転方向が切り替わることですね。

大胆な暴れ方をしてくれるので大興奮間違いなしです。

ただ、回転が切り替わるのは強・中シュートの場合のみで弱シュートの場合は、同回転で加速するようになってます。

スポンサーリンク

まとめ

とにかく最高の一言。

まずレイヤーのインペリアルドラゴンですがこいつは本当に素晴らしいですね。

ブ厚く大型のレイヤーで相手に超重量級のアタックを繰り出すその様はまさにドラゴンそのもの。

ノーマルフォームでも強いのに、覚醒してさらに強くなることを考えるとワクワクが止まらない。

ただインペリアルベースの仕様か、今回の硬めのドラゴンチップを装着してもロックは割と緩めなのでダッシュドライバーと組み合わせるのが無難ですかね。

続いてドライバーのIg’ですがこれはギミックが面白い。

全力シュートすると何度も回転が切り替わるので、相手を翻弄するような戦い方ができます。

あとHyも同じなんですがドライバーの周りが円形になっていてスタジアムをツルツルすべるので最後の粘りが異常でスピンフィニッシュで勝てることも多いです。

今回はいつもと違いDXブースターということでお値段もデラックスですが、このインペリアルドラゴンは値段以上の価値はあると思います。

強いのはもちろんですが、戦うほどに進化していくレイヤーのギミックや電動で動くドライバーとか男心くすぐりすぎでしょ。

グレートですよこいつはぁ。

スポンサーリンク
ベイブレード
鷹の羽休めをフォローする
スポンサーリンク
鷹の羽休め

コメント