スポンサーリンク

【ランブーVol.22】 ドライガーバルカン.0.HJ’ レビュー

ベイブレード

ドライガーバルカン.0.HJ’

2Pカラー。

スポンサーリンク

レイヤー:ドライガーバルカン

爆転シリーズのドライガーVのリメイクレイヤー。

今回は再録ということでカラーチェンジがされており、白虎ではなく普通の虎のようなカラーリングに。

このドライガーバルカンについてはオリジナルカラーが入っている2020セットの記事に載せたいので今回はスルー。

決して、いま書くのが面倒くさいからとかじゃないです。

ディスク:0

万能性能コアディスク。

そういえばドライガーファングのデフォカスタマイズのディスクが0でしたね。

ドライバー:HJ'(ハイジャギーダッシュ)

「ギザギザしたスパイク状の軸先で接地面を蹴ることで機動力を生み出す。強化バネが内蔵されて、高さが高くなったことで、攻撃力がさらに上がったアタック系ドライバー。」

同弾に収録のHB’と同様のJ’の背が高くなったドライバー。

外周を走り回るのでHB’以上に高さを活かした攻撃ができます。

なかなか面白いドライバーですが、かなり倒れやすいですね。
まあ、通常のジャギー自体が体勢が崩れやすいからしょうがない。

扱いやすさは今のところHB’のほうが上って感じですね、個人的には。

まとめ

他のバーストシリーズと戦わせてもしょうがないので、カスタマイズ性能は同じ土俵の爆転リメイクで確認。
今回はとりあえず既にランブーに収録されているドラグーンVとドランザーVをデフォカスタマイズにしてバトルさせました。

ドラグーンV相手はかなり余裕でバーストフィニッシュ狙えます。
やはりドラグーンVはバースト耐性が貧弱すぎる。

逆にドラグーンVだと厳しい。
あいつはDm履いてるんで高さを最高まで上げられるとHJ’と同じ高さになってアドバンテージを打ち消されるし、最低まで下げられると下からすくい上げられて姿勢崩される。
めちゃくちゃ相性悪い相手ですね。

使ってみた感想としては正直そこまで強くないかなと。
デフォのドライガーバルカン.10R.Wのほうが強いかも。

まあ、これに関しては強さは二の次でドライガーバルカンのレイヤーが手に入るってのが非常にありがたい。
爆転ブレーダーにとっては当たり枠です。

ベイブレード
鷹の羽休めをフォローする
スポンサーリンク
鷹の羽休め

コメント