スポンサーリンク

B-150 ユニオンアキレス.Cn.Xt+ 烈

ベイブレード

今回はベイブレードバーストGTシリーズ ユニオンアキレス.Cn.Xt+烈のレビューです。

あのアキレスが新たなモードチェンジギミックを搭載しGT化。

Xt+(エクステンドプラス)の再録も最高すぎます。

レイヤー:ユニオンアキレス 烈

ベースのパーツを着脱することでモードチェンジすることができるレイヤー。

ガチンコチップ:アキレス

硬いロックと標準的なロックを交互に4つ持つアキレスモチーフのガチンコチップ。

今回はアキレスが横顔になってますね。

デザインはやや、Zアキレス寄りですかね。

前回の正面顔も可愛らしくて嫌いじゃなかったですが、やっぱりこっちの凛々しい感じのほうがしっくりきます。

そして、ロックなんですけどこれが結構優秀。

2段階目と最後のロックが硬めなので激しくぶつかりあってもバーストし辛いですね。

同じ数のロックを持つドラゴンと比べても、このアキレスのほうがバーストしにくいように感じます。

これってドラゴンチップの上位互換なんじゃ…。

ウエイト:烈

3つの重心でブレた攻撃を生み出すウエイト。

今回のディスクのCn(コンバート)と組み合わせことで今まで以上の偏重心にすることができます。

ベース:ユニオン

攻守バランスの取れたスタミナモード。

見た目は超Zアキレスまんまですね。

ただ、今回は剣の部分がメタルじゃないんですよね。

今までの流れでアキレスといえばメタルの剣という印象だったので、ちょっと寂しいですね。

性能としては、メタルパーツを搭載していない割に相手を弾き飛ばしてくれるのでオーバーフィニッシュを決めてくれることが結構あります。

ユニオンソードを装着した時よりも持久力がある感じなので、説明通りバランスよく扱いやすいベースです。

ユニオンソード。

こちらもメタルパーツはないです。

このパーツをベースに装着することで、

攻撃に特化したパワーモードにチェンジ。

パワーモードというだけあって相手に重い一撃を与えられます。

アタックタイプ好きにはたまらないベース。

また、レイヤーの直径が大きくオーバーフィニッシュになりそうでも、スタジアムの壁を蹴って復帰することがよくあるのでアタックタイプにありがちな自滅オーバーのリスクが減るのはありがたい。

ディスク:Cn(コンバート)

重心が整ったノーマルモードと、攻撃的な偏重心モードに切り替えることができるバランスタイプのディスク。

こちらは偏重心モード。

思っていた以上にしっかりブレてくれます。

偏重心によって激しいアタックを繰り出してくれるので使っていて楽しいですね。


ガードパーツを回転させるとノーマルモードに切り替えられます。

ノーマルモードは重心が整った状態になるので、安定した動きを見せてくれます。

安定性を求めた戦いが時はこっちのモードが良さげですね。

ディスクの裏側はこんな感じ。

ディスクのメタルが突き出ているため、今回のエクステンドプラスを履いて外周を回った際に、スタジアムの段差で擦ってスタミナロスをしてしまうことが結構あります。

まあ、擦った際に急加速したりスタジアムを跳ねて強烈なアタックをしてくれることもあるので一概には欠点とは言い切れないんですけどね。

ドライバー:Xt+(エクステンドプラス)

攻撃、防御、持久の3タイプの軸先に切り替えることができるドライバー。

ついに再録されましたね。

エクステンドプラスが登場したのが去年2018年の9月なのでちょうど1年くらいですか。

同時期に発売されたプルーフは結構再録されているのに…。

性能はかなり優秀ですね。

3モードに切り替えられるので相手に合わせた戦い方ができ、スタミナも結構あるので使いやすく便利なドライバーです。

感想

レイヤー、ディスク、ドライバーとすべてのパーツをモードチェンジさせることができるのでギミック好きにはたまらないベイ。

エクステンドドライバーなどのモードチェンジにより、これ一機だけで攻守どちらにも対応できるのは本当に素晴らしい。

また、モードチェンジの組み合わせが12通りもあり、その中で自分自身が使いやすいモードを模索していくという楽しみもあります。

個人的にはGTシリーズの中では使っていて一番楽しいベイです。

Xt+(エクステンドプラス)も再録されているので、1個は確実に持っておきたいベイですね。

ベイブレード
鷹の羽休めをフォローする
スポンサーリンク
鷹の羽休め

コメント