スポンサーリンク

【無限ロックをさらに強化!!】 ビッグバンジェネシス.0.Ym レビュー 【ベイブレードバースト】

ベイブレード

ビッグバンジェネシス.0.Ym レビュー


今回はベイブレードバーストGTシリーズよりビッグバンジェネシス.0.Ymのレビューです。

無限ロックを搭載したレガリアジェネシスがより強力な力を手に入れ登場。

レイヤー:ビッグバンジェネシス

創世の盾ジェネシスモチーフの無限ロックを搭載したディフェンスタイプのレイヤー。

連打刃になっており丸みを帯びたレガリアジェネシスに比べ、攻撃的な見た目になりしっかり相手にカウンターを決めてくれる。

カラーリングも神聖な雰囲気の白から禍々しいオーラを纏った紫になっていて、かなりカッコいいデザインになってます。

今回の目玉パーツのビッグバンアーマー。

無限ロックを搭載したレイヤーに取り付けることで、ただでさえ強力な無限ロックがさらにバーストしにくくなるアーマーです。

さらにアーマー刃がかなりブ厚く攻撃力も底上げしてくれるというスグレモノ。

しかもレガリアジェネシスとプライムアポカリプスにも装備させることができるのでかなりプレイバリューが高い!

通常だとレイヤー中央が赤くなるとロック刃が押し込まれバーストするようになりますが、アーマーを装備するとロック刃がそのまま固定されるので押し込まれることが無く無限ロックの弱点がなくなるという仕組み。

ビッグバンアーマーはリヴァイブ、デッドアーマーとは違い攻撃を受けると内側に押し込まれる状態になります。

このように押し込まれた状態になると、ロック刃の固定が解除され通常通りバーストされるようになります。

ただ、アーマーの性能は変わらないので強さはそのままで戦っていけます。

スポンサーリンク

ディスク:0(ゼロ)

性能はもはや語る必要はない有能な万能ディスク。

同じ無限ロックを持つ終焉をモチーフにしたアポカリプスと創世をモチーフにしたジェネシス、終わりと始まりに0ディスクを組み合わせるというセンスが素晴らしい。

ドライバー:Ym(ヤードメタル)

ヤードドライバーのボール軸がメタル化して登場。

大型のリングパーツによる倒れにくさに、メタルボールの重さが加わりディフェンス性能がアップしています。

ただ、オービットメタル同様にメタルボールの動きがぎこちなく結構ぶれるのでスタミナが無く、ヤードの上位互換とは言い切れない部分も。

フリー回転するメタルボールということで、メタル大好きな人にとっては性能を度外視しても使いたくなるという魅力があります。

まとめ

デフォルトのカスタマイズは強くはあるけど少々不安が残るといった感じ。

カウンターはがっつり決めることができて相手を思い切り弾き飛ばせるのですが、やっぱり持久力に欠けますね。

Ymドライバー自体がそこまでスタミナがある感じではないのですが、それに加え今回のビッグバンジェネシスが大型で重量のあるレイヤーでバランスが悪くなおのことスタミナをロスさせてるように感じる。

ただ、あくまで組み合わせの問題なのでパーツ単体でみればどれも光るものがある素晴らしいものだと思います。

特にビッグバンジェネシスは連打刃を装備したことにより攻撃性が増し、しかも送り合いの性能もアップしているのでDs'(デストロイダッシュ)やH'(ホールドダッシュ)といった終盤でもしっかり粘れるドライバーと組み合わせても面白いですね。

Ymもスタミナが無いとは言ったものの、メタルボールを搭載したことで重心が下に寄りどっしりと安定した防御を見せてくれるので、まだまだいろんな可能性を秘めたドライバーだと言えるでしょう。

全体的に満足度の高いベイでしたがただ一つだけ不満な点が。

それはビッグバンアーマーを取り付けた状態でLRランチャーを使用すると干渉してしまうこと。

個体差かもしれないですが、アーマーとランチャー部分がかなり密着して回すとガリガリ鳴り、ランチャーとベイどちらも傷がついてしまうので通常のロングベイランチャーで回すのがよさそう。

こっちだと一切干渉しないのでストレスフリーで遊べますよ。

スポンサーリンク
ベイブレード
鷹の羽休めをフォローする
スポンサーリンク
鷹の羽休め

コメント