【ランブーVol.23】 アビスロンギヌス.13.Sp’ 4A レビュー

ベイブレード

アビスロンギヌス.13.Sp’ 4A

かつて深海に封印されし破滅の龍が、永き眠りより目醒める・・・みたいな?

[ad]

レイヤー:アビスロンギヌス 4A

蒼龍ロンギヌス。

メタリックのアイスブルーのカッコよさがぱない。

ただ、今回のアビスを除けばキングかボルケーノしか似合いそうなリングがないという。
マジで超王はカラバリの供給が少なすぎるぞ!

GTシリーズはランレイもあって色々なカラーカスタマイズが出来たのでワクワクしたんですけどねぇ。

リングはアビス。

GTのイレイズとマスター(左)を足して2で割ったような形状で攻守のバランスに優れているため、必須パーツというわけじゃないけど持っていて損はない。
形状的に回転を吸収しやすいので右回転相手だと有利に立ち回りやすいのがポイントです。

アビスがレア枠だったランブー21はアレがアレで手に入りにくかったのでこれはありがたいですね。
さらにフロスティなサイコーにクールなカラーリングと来たもんで嬉しさ爆発。

シャーシは新登場のアタックタイプの4A。

左右で形状の違うメタルが搭載された偏重心のシングルシャーシで攻撃性能をアップ。

重さは1Sと同じくらいでロックも硬めですが山がひとつ少なくなっています。

ディスク:13(サーティン)

左回転時にダウンフォースを発生させるコアディスク。

ブラロンのデフォカスタマイズに入ってたディスクですね。

ドライバー:Sp'(スパイラルダッシュ)

何気に初再録のSp’。

ツヴァロンで登場して以来1度も再録されてなかったんすね。
これと13ディスクのせいで今回はロンギヌス成分高めのカスタマイズに。

渦巻き状の軸がスタジアムにしっかり食いつき強力な攻撃力を生み出すドライバー。

同じような形状かつラバーのJlほど激しく暴れないですけど、こっちはプラ軸なので比較的扱いやすくスタミナもあり回転も安定します。
それぞれ長所があり、どっちを使うかは結局好みの問題になるかなぁ。

今回はアイスブルーで色味が綺麗。

まとめ

カスタマイズはそこそこ強いが決め手に欠ける印象。

アビスリングが緩やかな連打刃なので今回のガチガチのアタック改造とはちょっとミスマッチかなって感じがする。

結構器用な奴なんでバランス系のドライバーとの組み合わせがやっぱり一番輝くと思うんですよ。

ただ、決めるときは決めるようでデフォのレイジを普通に狩ったりするので侮れない面もある。

総評はアビスの扱いに惜しさを感じるがしっかり戦えるカスタマイズになってるといったとこですかね。

今回のランブーで僕の中での当たり度は3番手。

カスタマイズが程よくまとまってるってのもあるけど、それ以上にパーツがスゴイ。

新パーツの4Aが嬉しいのは当然だけどそれだけじゃなく初めて再録されるパーツがチップ、リング、ドライバーの3つもあるという。

初再録の宝庫であり、それらが外さない性能なのも素晴らしい。
マジで今回のランブーの良心だよ。

タカラトミー(TAKARA TOMY)
¥1,340 (2021/10/21 11:22時点 | Amazon調べ)

コメント